So-net無料ブログ作成
検索選択

ベロシティセンサー故障で電子ピアノを買い替え|低価格モデルで選んだ基準は? [JUNの独り言]

今年(2016年)の7月、ツイてない出来事が連続して起こりました。一つはMacの故障。もう一つは電子ピアノの故障。
(ToT)
この記事では電子ピアノの故障と買い替えについて書こうと思います。

異変に気付く

7月のとある日、いつものようにピアノの練習をしていたところ、G4(真ん中のド=中央ハをC4とした場合)の音だけものすごく大きい音量で鳴りました。

「おや? そんなに強く弾いた覚えはないぞ?」
そう思いながらもう一度弾いみると今度は問題なし。「なんだ、気のせいか~」と練習を再開したのですが、たまに大きな音が鳴ります。

「鍵盤の中にゴミみでも入ったのかな?」
そこで息を吹きかけたり、掃除機で吸ってみたりしました。すると少し安定。でも完全には治りません。

故障確定

多少気になるものの、頻度はそれほどでもなかったので、数日はそのままの状態で練習をしました。しかし、日に日に現象の頻度が高くなっていきます。

「さすがにこれはおかしい。」
そう思って、G4の鍵盤だけ優しくゆっくりと連打してみました。すると2回に1回、いや3回に2回は大きな音量が・・・。

しかも、その状態をMIDI接続しているMac上のDigital Performerで録音してみると、大きな音量の時はMaxの127を記録しています。思い切り打鍵したってなかなか出るベロシティではありません。

これは故障だと思いました。

修理 or 買い替え?

私が使用している電子ピアノは、ヤマハの「P-85」という機種です。専用のスタンドとあわせて6~7万円で購入したと記憶しています。

使用年数は5年くらい。修理か買い替えかを迷うところです。そこで、ヤマハのサポートサイト(※1)を確認してみると、1万円~2万5千円くらい修理費用がかかるようです。
(※1)電子ピアノ 修理情報 - ヤマハ株式会社
http://jp.yamaha.com/support/musical-instruments/digitalpianos/repair-info#301

悩んだ結果、買い替えることにしました。

買い替えの候補機種

以前、電子ピアノ選定に関する私の考え方を記事にしましたが(※2)、生活環境は5年前とほとんど変わっていない為、この考え方をベースに3つの機種に絞りました。
(※2)http://hirnes.blog.so-net.ne.jp/2015-10-03

買い替え候補の電子ピアノ(機種) 1.YAMAHA P-115
2.Roland FP-30
3.CASIO PX-160

大型(?)の電子ピアノは私の部屋には置くスペースがないため、据え置き型の電子ピアノは候補から外れます。

結果、「スタイリッシュ」や「ステージピアノ」と呼ばれるモデルからの選定となり、予算の都合で上記3機種が候補となりました。

チェックポイント①

今回の買い替えでは、上記3つの電子ピアノを実際に弾いてみて判断しました。

一つ目のチェックポイントは、生ピアノのタッチに近いかどうか。って、安い電子ピアノにこれを求めるのはかなり酷ですよね(苦笑

ですので、「生ピアノに近いかどうか」ではなく、「弾いていて違和感がないかどうか」を判断基準にしました。

この3つのモデルですと「YAMAHA P-115」のみ鍵盤素材が象牙調ではないのですが、個人的には象牙調を使用している他の2モデルの方が弾き難く感じました。

ただ、これは上記(※2)の記事で書いているとおり、私個人の感覚的なものであり、人によって異なると思います。

おそらく、今まで使用していた電子ピアノが同じYAMAHAだったこともあり、私個人の“慣れ”の問題だったのではと思っています。

鍵盤の重さや戻り具合といったことも、おそらく“慣れ”の問題で「YAMAHA P-115」がしっくりきました。

ちなみにレッスンで使用しているグランドピアノはヤマハのCシリーズです。

チェックポイント②

もう一つのチェックポイントは「打鍵音」。これも上記(※2)の記事で書いていますが、集合住宅に住んでいる私は、演奏した時に出る音すべてに気を配らなければなりません。

ピアノ音源の音はヘッドフォンから出力すれば外部には聞こえませんが、「べダル操作音」と「打鍵音」はどうしても出てしまいます。

一階の角部屋ということもあり、ペダル操作音についてはある程度許容範囲が広いと思うのですが、打鍵音は階上や隣部屋にも響くと言いますので、不安があります。

この3つのモデルですとそれほど違いはなかったのですが、「Roland FP-30」だけちょっと重い(低い)打鍵音がするなぁと感じました。

余談ですが、YAMAHAにはタッチを追求した「ハイブリッドピアノ」というラインナップがあります。私は「NU1」というモデルを弾いてみたのですが、確かにタッチは電子ピアノのそれとは異なります。しかし、専用アップライトピアノアクション(ハンマー?)が動きますので、この音が結構します。

ちなみに、「打鍵音が静かだ(小さい)」と私が思ったモデルは、Rolandの「KIYOLA(きよら)」です。スタイリッシュタイプですしタッチ・音色も素晴らしく、私にとっては最高の電子ピアノなのですが、如何せん価格が・・・泣。

選んだ機種は?

チェックポイント①、②でお分かりかと思いますが、私が選んだのは「YAMAHA P-115」です。
YAMAHA P-115外箱

専用スタンドがP-85と同じで使いまわせるため、一番安く済むといった気持ちが潜在的に働いたのでは?とつっこまれると、はっきりとNOとは言えない自分がいるのですが・・・苦笑。

あと、一つ残念なことがありまして、P-85では搭載されていたMIDI端子がP-115ではなくなってしまいました。これはFP-30、PX-160も同様です。A-BタイプのUSBケーブルでMacとの接続が可能なのですが、何となく寂しい気持ちになりました。

【Written by JUN】


タグ:JUN
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。