So-net無料ブログ作成
検索選択

SampleTank 3にアップグレード|インストールとライブラリのインポートを行う [JUNの独り言]

以前投稿した記事で、私は基本的にハードウェア音源を使用して曲作りをしていることを書きました。

重複する内容となりますが、私はもともとカラオケや着メロなどMIDIデータ制作の仕事をしていたことも手伝って、ハードウェア音源の方が慣れていると言いますか、使いやすさを感じています。

もっと言えば、ソフトウェア音源がサクサク動くような高性能のMac(メモリや記録媒体を含む)を買うだけのお金を持っていないのですけど・・・。
( ̄▽ ̄;)

そんなことで、今でもRoland「INTEGRA-7」がメインの音源なのですが、以前に唯一使用していたソフトウェア音源あり、それが「SampleTank 2.5 XL」でした。

MacOSをYosemiteにアップデートしてからサポート対象外となり、まったく使用していなかったのですが、「SampleTank 3」がリリースされたことより、アップグレード版を購入することにしました。

お得なセール価格で購入

IK Multimediaに限ったことではありませんが、昨今、音楽系のソフトウェアってセールばかりしている印象が・・・。30%オフ、50%オフ、80%オフ、、、何だか定価で買うのを躊躇ってしまいますね。

そんなことで、「SampleTank 3」のアップグレード版もセールで購入しました。買ったのは、、、なんと1年前。2015年の年末セールで、フックアップ社が運営する「beatcloud」で購入。価格は50%オフの税込¥12,960でした。
「SampleTank 3」beatcloudでの2015年末セール

一年間も放ったからしにしているくらいですので、「INTEGRA-7」だけで事足りていることがよくわかりますね・・・苦笑。

Authorization Managerをダウンロード

私が「SampleTank 2.5 XL」をインストールした時は、チャレンジ&レスポンスでのオーサライズだったと記憶しているのですが、数年前から「Authorization Manager(オーサライズ・マネージャー)」でのオーソライズに変更されたようです。

スタンドアロンのソフトウェアとなっており、まずはこれをダウンロードします。
http://www.ikmultimedia.com/products/authorizationmanager/

上記URLからダウンロードが可能なようですが、私はちょっと遠回りをしてしまったので、参考までに書いておきます。

IK Multimediaのトップページ > サポート > ユーザー登録
ユーザー登録ページへ

「ソフトウェア、販売終了ハードウェア」で"SampleTank range"を選択すると、"GET AUTHORIZATION MANAGER"が表示されるので、ここからダウンロードしました。(私はMacを使用しているので、Mac版をダウンロードしました。)
ユーザー登録ページで「SampleTank range」を選択

Authorization Managerでユーザー登録

ダウンロード後、インストールが完了すると「アプリケーション」フォルダ内に格納されますので、これを起動します。
「Authorization Manager」を起動

次の画面でNEXTを押下するとインターネットへの接続有無の確認が行われます。
「Authorization Manager」を開始
「Authorization Manager」がネット接続の有無を確認

私の場合はインターネットに接続していましたので、オンラインでのユーザー登録を行います。また、「SampleTank 2.5 XL」のユーザー登録時に作成したアカウントがあるので、以下の画面で「REGISTERED USER」を選択。
オンラインユーザー登録

ユーザー情報を入れてNEXTを押下。ちなみに、フィールドへの入力時にコピペが使えませんでした。。。
登録情報を入力

シリアルナンバーを入れてNEXTを押下。ここでは左にあるPASTEボタンでシリアルナンバーをコピペできます。
シリアルナンバーを入力

オーソライズが完了し、DOWNLOADボタンを押下すると「SampleTank 3」のソフトウェア本体がダウンロードできます。
オーソライズ完了

サウンドライブラリをダウンロード

「SampleTank 3」では、サウンドファイル(ライブラリ)が別ファイルになっているので、これらをダウンロードします。

IK Multimediaのトップページ > サポート > ユーザーエリア(ダウンロード)
ユーザーエリア(ダウンロード)へ

登録情報を入力してログイン。
ログイン

「My Products(登録製品)」をクリック。
My Products(登録製品)

「SampleTank 3」の「Sounds Downloads」を選択します。製品を登録した日から180日間しかダウンロードができないので注意が必要です。
※期日を過ぎてしまった場合は「Sounds Download Reactivation Credit(Sounds Download Activation Ticket)」を購入することで再ダウンロードが可能になります。
Sounds Downloads

サウンドファイルはいくつかに分割されていますので、すべてダウンロードします。
Sounds Downloads

加えて、いくつかアップデータもあるようですので、「Related Downloads」からダウンロードします。
Related Downloads

サウンドライブラリのインストール

ここで一旦「SampleTank 3」を起動してみます。DAWからプラグインとして呼び出してもいいのですが、スタンドアロンでも存在しますので、こちらを起動します。
スタンドアロンの「SampleTank 3」

サウンドファイルをインストールしていませんので、当然ライブラリは空っぽの状態です。
サウンドファイルなしの「SampleTank 3」

右上の設定マークをクリックして、参照しているライブラリのフォルダを確認してみます。
ライブラリの参照先

さて、サウンドファイルをインストールします。ダウンロードしたzipファイルを解凍するとインストーラーがありますのでこれをダブルクリック。
サウンドファイルのインストーラー

すると、OS10.8から導入されたGatekeeper機能により、このようなメッセージが表示され起動できません。
Gatekeeper機能

そこで、「システム環境設定」を開き、「セキュリティとプライバシー」を確認します。ここで、「すべてのアプリケーションを許可」を選択すればインストールできるようになります。
セキュリティとプライバシー

または、上記の画面にあるとおり、コントロールキー(Controlキー)「⌃」を押しながらアイコンをクリックし、そこから開くを選択すれば起動することができるので、今回はこちらを試してみます。
コンテキストメニュー

警告が表示されますが、「開く」を押下することでインストーラーを起動できます。
コンテキストメニューから開く

Continueを押下してインストールを進めます。
インストールを進める

インストール先は先ほど確認したSampleTank 3の初期設定と同じになっています。
初期のインストール先

私は外付けのHDDにインストールしたいため、Browseボタンを押して変更します。
インストール先を変更

Installボタンを押下して実行。
インストール開始

インストールが完了すると以下の画面になります。
インストール完了

これを分割されているサウンドファイル分、繰り返します。結構時間がかかりました。。。

サウンドライブラリの読み込み

すべてのサウンドファイル、そしてアップデータをインストール後、再度「SampleTank 3」を起動します。そして、右上の設定マークを押下し、サウンドファイルをインストールしたフォルダを指定します。
ライブラリを指定

OKを押下するとサウンドファイルの読み込みが始まります。
ライブラリの読み込み開始

読み込みが完了すると、ライブラリに音色が表示されます。
ライブラリの読み込み完了

旧バージョンの(過去の)ライブラリをインポート

「SampleTank 3」では旧バージョン(Powered by SampleTankシリーズ)のライブラリをインポートできるようです。

私は「SampleTank 2.5 XL」もセール(キャンペーン)で購入していまして(笑)、この時はグループバイの恩恵を受けて、

・SampleTank 2.5 XL
・Sonik Synth 2
・Miroslav Philharmonik
・SampleMoog
・SampleTron

を¥15,000くらいでゲットできたと記憶しています。

これらのライブラリをインポートしようと思います。左下のメニューから「Import Legacy Instruments...」を選択します。
旧ライブラリをインポート

「LIBRARY NAME」に読み込んだ後に表示させたい名前を入力し、「DISK PASS」でライブラリが存在するフォルダを指定します。
旧ライブラリを指定

「IMPORT」を押下するとライブラリのインポートが始まります。
旧ライブラリのインポート開始

インポートが完了すると、ライブラリ内の「Imported Instruments」に音色が表示されます。
旧ライブラリのインポート完了

なお、「Sonik Synth 2」のライブラリのインポートには注意点があります。その他の内容も含め、以下公式サイトの説明にまとめられているのでご参照ください。
https://ja-jp.facebook.com/notes/ik-multimedia-japan/sampletank-3でpowered-by-sampletankシリーズのライブラリーを読み込むには/756983441011430/

最後に・・・

これでインストールは完了しました。最後にDAWからプラグインとして起動できるかを確認しておきます。
私が使用している「Digital Performer 9」、「Pro Tools 12.6」ともに問題なく起動しました。(MacOSのバージョンは「OS X El Capitan 10.11.6」です。)
DP9で「SampleTank 3」
ProTools12.6で「SampleTank 3」

いつ出番が来るかわかりませんが、折を見て使用してみたいと思います。
σ(^_^;)

【Written by JUN】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。