So-net無料ブログ作成

【Windows7を再インストール】ロールアップ(一括更新)でアップデートが進まない問題を回避 [JUNの独り言]

昨年末、実家に帰省したのですが、約6年前(2010年)に母親のために購入したWindowsノートPCがほこりをかぶって寝ていました。
(^^;

光回線も解約し、母親はもう使用しないとのことで、私が引き取ることにしました。一旦初期化をして、再インストールを行ったのですが、かなり手こずったため、忘備録として残しておこうと思います。

前提
セットアップする環境

・Windows 7 Home Premiumの64bit版
・PCに実装されているメモリは2GB
・PCに付属のDVDからリカバリー
・リカバリー後の状態はService Pack 1 (以下、SP1)摘要前

うまくいかなかったこと(問題点)

・Windows 7のアップデート(Windows Update)が進まない(終わらない)状態に陥った
・上記を回避したものの、Windows Update中にメモリ不足となり途中終了。再起動を試みるも、起動しなくなった。

行った対処方法

ここからは実際に行った対処方法を記載していきます。グダグダと文章で書いても読みづらいですので、「箇条書き + 画像」形式で記載していきます。

まず、DVDからリカバリーした状態を作り、オフラインで作業を行います。(必要なファイルは、インターネットに繋がっているMacからダウンロードしました。)
リカバリー直後の状態

Windows Update エージェントを最新版に更新

参考URL ☞ https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/949104
Windows Update エージェントを最新版に

Windows Updateを手動で停止

タスクマネージャを起動し、Windows Updateを手動で停止します。
タスクマネージャを起動
Windows Updateを手動で停止

Windows7用のシステム更新準備ツール (KB947821) をインストール

参考URL ☞ https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=3132
Windows7用のシステム更新準備ツール

Windows 7 Service Pack 1 (SP1) をインストール

参考URL ☞ https://support.microsoft.com/ja-jp/help/15090/windows-7-install-service-pack-1-sp1
Windows 7 Service Pack 1 (SP1) をインストール
Windows 7 Service Pack 1 (SP1) をインストール
Windows 7 Service Pack 1 (SP1) をインストール

ここで再起動がかかります。ここまででSP1の摘要が完了。以降、ロールアップ更新プログラムの摘要に移ります。再起動後、上記「Windows Updateを手動で停止」を行います。

KB3020369をインストール

参考URL ☞ https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3020369
KB3020369をインストール

ロールアップ更新プログラム(KB3125574)をインストール

参考URL ☞ https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3125574
ロールアップ更新プログラム(KB3125574)をインストール
ロールアップ更新プログラム(KB3125574)をインストール
ロールアップ更新プログラム(KB3125574)をインストール

ここで再起動がかかります。ここまででロールアッププログラムの摘要が完了。以降、Windows Update Clientを最新版にする作業に移ります。再起動後、上記「Windows Updateを手動で停止」を行います。

KB3177467をインストール

参考URL ☞ https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3177467
KB3177467をインストール

KB3172605をインストール

参考URL ☞ https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3172605
KB3172605をインストール

再起動をして、すべての対処が完了です。

インターネットに繋いでWindows Update

ここまで来たら、インターネットに接続してWindows Updateを実行します。
Windows Updateを実行

1回目

ロールアップを使用しないときには200を超えていた更新プログラムが、80弱に減少しています。
アップデート一回目

2GBのメモリで耐えうるか不安でしたが、ここは一括ですべてを更新してみます。(ちなみにロールアップ前に試した際は180を過ぎた辺りでメモリ不足のエラーが表示され、フリーズしてしまいました。)
アップデート一回目開始

なんとか完了したもののいくつかエラーが。。。
アップデート一回目エラー終了

2回目

再起動後、再度確認すると今度も70近い更新プログラムがあります。何だか嫌な予感が・・・。
アップデート二回目

ここでも一括ですべてを更新してみます。
アップデート二回目開始

完了したもののまたもエラーが。。。
アップデート二回目エラー終了

3回目

またしても再起動後に確認。更新プログラムが3つに減りました。これは期待できそうです。
アップデート三回目

初めてエラーなしの正常終了。
アップデート三回目正常終了

再度確認すると、「利用できる重要な更新プログラムはない」との表示が。やっと完了しました。
更新プログラムなし

余談

ロールアップを使用した方法でも5~6時間かかりました。最初のDVDからのリカバリーも含めると、ホント一日がかりですね。

ちなみに、私はWindowsに詳しくないため、上記各々の更新プログラムに何が含まれるのか、また、なぜインストールが必要なのかは理解しておりません(苦笑。検索しながら探り探り作業を行ったため、インストールの必要がないもの、または順序が間違っているものもあるかもしれません。

さて、アップデートが完了したノートPCを実際に使用してみたところ、CPU、メモリなど、ハードウェア的に結構キツイ感じがしました。ネットで動画を見るだけでもモタつきます。こんなに頑張ったのに・・・。

ただ、このノートPCにはOEM版のOffice 2010がインストールされているので、Officeが必要になった際には役に立ちそうな気がしています。
(^^;

【Written by JUN】


タグ:JUN
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました