So-net無料ブログ作成

【ピアノ】ワンレッスン制に変更|理由は生活の変化による練習時間不足 [大人のピアノ(初心者)]

以前投稿した記事で、ピアノに関してこれまで3人の先生に師事してきたことを書きました。加えて、クラシックとジャズ(ポピュラー)の二つの教室に通っていることも書きました。

そして三ヶ月ほど前、4年目に突入したクラシックピアノのレッスンで行き詰まっていることを書きました。

そんな中、いろいろと悩んだ挙句、ポピュラー・ジャズピアノのレッスンを続けるのが難しいのではないか(=辞めるとき[タイミング]なのではないか)と思い始めました。

二つの教室に通っている理由

以前投稿した記事をご覧いただいた方には重複する内容となりますが、私は元々ポピュラー・ジャズの曲を弾きたくてピアノを習い始めました。

某大手音楽教室で1年ほどポピュラーピアノを習ったのですが、上達を感じることができず、先生に相談した結果、ピアノの基礎力をつけるためにクラシックピアノを習うことを薦められました。

某大手音楽教室の先生はクラシックの指導経験がないとのことより教室を退会し、クラシックとポピュラーの両方を教えていただける先生を探し、レッスンを受けることになりました(こちらが今回退会を考えた教室です)。

レッスンは、ハノンなど指づくりを目的とした基礎練習はなく、リードシートを中心とした教材で、ポピュラー・ジャズピアノの基礎パターンを習得していくという内容でした。

一年ほど習って、いくつかの基礎パターンで曲を弾けるようになり、上達を感じられた反面、悩みのひとつであった『まむし指』が解消されないこと、また、なかなか良い音で演奏できないことが気掛かりでした。

そこで、クラシックピアノを本格的に習いたいと申し出ましたが、先生のご都合(コンスタントにレッスン枠を確保できないこと)により、クラシックだけ違う先生に師事することにしました。

以上が二人の先生に習っている経緯です。

厳しいけど上達を感じられるレッスン

私が師事しているクラシックピアノの先生は、大人の初心者である私に対しても、『優しすぎる』といったことはなく、私が想像していた“お稽古”という感じのレッスンでした。

“うまく弾けない恥ずかしさ”からくる緊張だけではなく、その場の雰囲気と言いますか、師弟関係と言いますか、、、とにかく先生の前では身の引き締まる思いがするという表現が適切かと思います。

そんな感じで、大人の初心者に対するレッスンにしては少々厳しい内容でしたので、練習せずレッスンに行くことが億劫で、半強制的に練習時間を確保しました。

やはり、上達はある程度練習量に比例しますので、練習量の多いクラシックピアノのレッスンが、ポピュラー・ジャズピアノのレッスンより上達を感じることができました。

先生を変える理由 ≒ 教室を辞める理由?

一方、ポピュラー・ジャズピアノの先生は、『練習も兼ねてレッスンを受ければいいですよ』といったスタンスでしたので、私自身、甘えてしまったところがありました。

そこに追い打ちをかけるようにクラシックピアノの難易度が上がり、加えて、仕事・私生活にも変化があり、ポピュラー・ジャズピアノを練習する時間をとることができなくなりました。

以前、『ピアノの先生を変える理由』とう記事を投稿しており、この記事では私自身がピアノの先生を変える場合の指標を紹介していますが、この中のひとつ、“自分の環境の変化”が今回のケースに当てはまります。

練習に割ける時間が極端に減ってしまったこと、また、教室に通う時間が取れなくなってしまったこと(詳細は後述)から、これ以上続けることは無理なのではないかと思いました。

ピアノを習う理由に反する?

ピアノを練習するとき、先生について習うか独学かに二分されます。なぜ私が先生について習うことを選んだかと言えば、お金(学費)をかけてでも、レッスンのための時間をかけてでも、その方が上達すると考えたからです。

そして先生について習う場合でも、最終的には自分の努力(練習量)によるところが大きいと認識しています。

1.練習方法を教わる
2.教わった内容にそって練習する
3.練習したことが間違っていないかをレッスンでチェックしていただく
4.間違っているところを改善する

仕事などでは『PDCAサイクル』とも言われますが、結局上記「2.」の実行(練習)なくして、上達はないのかなぁと・・・。

独学の場合、「1.」は書籍等を読んで自分で調べることになり、「3.」「4.」も自分自身で行わなければいけないところ、先生について習っているからこそ、効率よくこのサイクルを回せるはずが、今の私の状況(=練習しない状況)ではもったいなさ過ぎます。

二者択一・・・

二つの教室から一つに絞る(二人の先生から一人に絞る)とすれば、どちらの教室を選択するか。私は以下の理由からクラシックピアノのレッスン(先生)を選ぼうと思いました。

基礎力の向上を目指していること

コード(リードシート)を見ただけで伴奏つきの演奏やアドリブ演奏をできるようになることが私の最終的な目標になるのですが、最初に習った某大手音楽教室の先生に指摘された通り、そもそも必要最低限の基礎力が私にはありません。

せっかく頭の中でコードの構成音やアドリブのメロディが浮かんだ(理解できた)としても、それを演奏として表現できないのであれば元も子もないので、まずは基礎力をつけたいと思いました。

では、何をもって基礎力が付いたと判断するか。師事しているクラシックピアノの先生が『ピアノの初級卒業』の目安とおっしゃっている『ソナチネ』の修了を目指したいと思っています。

現在、『ブルクミュラー25の練習曲』に取り組んでおり、順調に進めばあと1年くらいで修了する見込みですので、その後にソナチネに入ります。ソナチネは7~8曲を選定して取り組むとおっしゃっていましたので、あと3~4年後くらいになりますでしょうか・・・。結構長いですね(苦笑。

ちなみにその頃には、他の二つの教材『ハノン』と『ツェルニー30番練習曲』も修了しているはずです。
(^^;

レッスンが定期的であること

クラシックピアノのレッスンは、週1回30分で曜日・時間も固定です。ポピュラー・ジャズピアノのレッスンは、月2回60分で日時は毎月変動します。

ポピュラー・ジャズピアノの先生は、演奏活動を主としていますので、例えば『毎月第1週と第3週の日曜日の13時』といった形でレッスンをお願いすることができず、時には隔週ではなく二週続けてレッスンということもありました。

これも以前投稿した記事で書きましたが、月2回レッスンの場合、隔週でないとその良さ(メリット)がなくなってしまうことがあります。継続して練習するペースをつかむ意味でも、コンスタントに毎週レッスンがあった方が私には適していました。

加えて、仕事・私生活の変化から、先生に確保いただけるレッスン時間と私の予定が合わせにくくなり、そもそもレッスンに通うことが難しくなってしまいました。(これが前述の「教室に通う時間が取れなくなってしまった」理由です。)

退会の申し出から予想外の展開へ

今月最初のレッスンの際、退会させていただきたい旨、先生に伝えました。本来であれば前月最後のレッスンの際に申し出るべきでしたが、前月末に発表会があり、熱心なご指導を賜りましたので、機を逃してしまいました。

2012年4月よりレッスンをお願いしましたので、丸5年と4ヶ月。特定の曲を仕上げていくというよりは、リードシートから伴奏を付けて弾くといった“演奏法”を習ってきましたので、

自分で耳コピーした曲(メロディとコードを理解している曲)をこんな風にいろいろな伴奏法で弾くことができるようになりました。

と、これまでの振り返りとお礼という意味合いも込めて何曲か演奏しました。

すると先生から、

○○さんは探究心があるというか、習ったことをご自身の音楽に反映させることができますよね。定期的に通うのが大変とか、レッスンのための練習が負担になるのであれば、ワンレッスン制にしてみるのはどうですか?

とのご提案をいただきました。

引き出しを増やすレッスン?

私としてはありがたいお話だったのですが、練習できないことに加え、私生活の変化により急な用事が入る可能性があるため、演奏活動でお忙しいなかレッスン枠を確保いただたにも関わらず、ドタキャンが発生する可能性を懸念しました。

そのことを先生に伝えたところ、

全然大丈夫ですよ。私だって演奏活動など他の仕事で日時変更をお願いすることがありますし、レッスン日固定の教室ではありませんので、もっと気楽に考えてください。

と。加えて、

これまでも特定の曲(既成曲)を仕上げるレッスンではありませんでしたが、もっと柔軟性を持たせて、演奏法の引き出しを増やすようなレッスンにしましょう。さっきも言いましたが、探究心がある○○さんのことですので、新しい知識が入ればご自身の音楽制作の中で活用していけると思いますよ。

とのご返答をいただきました。

感謝・期待・不安

私の個人的な都合で退会を申し出たにもかかわらず、親身になって考えてくださり、感謝の気持ちでいっぱいでした。5年間のレッスンの中で、先生との信頼関係が築けていたのであればこれほど嬉しいことはありません。

これまでは月2回60分のレッスンという形でお願いしていたのですが、90分レッスンに変更し、月1回を目安として今後も続けることになりました。

いろいろと学べることがあると思いますので、期待がある半面、精神的・肉体的にきつくならないか、また、練習時間が少ない状況で成果が得られるのかといった不安もあります。

折を見て、その後の状況について記事にしたいと思います。

【Written by JUN】


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました