So-net無料ブログ作成
検索選択

音圧との出会い? [音圧]

音圧上げをテーマとした記事のパート2です。

PCのスペック向上、ならびに「ACID」「Sound Forge」などのソフトが出てきたことより、一般ユーザーもオーディオを扱える環境が整ってきました。

ただ、私の記憶が正しければ、当時、上記2つのソフトはどちらもWindows用だったと思います。

MacでPerformer(DPの「D:Digital」を省いた廉価版)を使用していた私は、Windows機を触る機会に中々恵まれず、周りからどんどんと後れを取りました。

そんな私がWindowsで音楽制作を行うようになったのは、着信メロディー制作の仕事をし始めたことがきっかけでした。通信カラオケのMIDIデータは上述のPerformerで制作することが業界でも多かったと記憶していますが、着信メロディーはYAMAHA社のXGWorksというソフトが標準でした。

そして、VS-840やAKAI社の耳コピ用のフレーズサンプラー「U40 RIFF-O-MATIC」などで耳コピーしていた環境も、Windows上の「Sound Forge」で行うように変わりました。その時がおそらく初めてでしょうね、きちんと波形を見たのは。

なぜか(?)空箱だけ残っているAKAI社U40 RIFF-O-MATIC
AKAI社U40RIFF-O-MATIC

私が務めていた会社は色々なジャンルの着メロを作っていました。J-POPS、クラシック、ゲーム音楽など多岐にわたり、そして、渡される参考音源も、CDリッピングのきれいなデータや、MP3などの圧縮音源などいくつかありました。

その中で、当たり前ですが音量差に気付くんですよね。それまではハードディスクレコーダーやサンプラーの音量を上げ下げすればよかったものの、PCではそうはいきません。

「PC→オーディオインターフェイス→ミキサー→ヘッドフォン」といった接続であれば可能なのですが、私の環境はPCのヘッドフォン端子にヘッドフォンを接続していたため、それができませんでした。

結局PCの音量設定を変えなければいけなくなるのですが、それを回避するためにオーディオ編集の基本中の基本、ノーマライズやゲインの操作を覚えました。

最初はノーマライズを多用していたのですが、皆様ご存知の通り、それではうまくいきませんよね。大きい音に合わせようとすべてPeakを0dbでノーマライズしているのに、音量が全然違う。ここで先輩から音圧のことを初めて教えてもらいました。

【一連の記事へのリンク】
パート1 - 頑なにMIDI
☞ パート2 - 音圧との出会い? ←本記事
パート3 - 「Loudness war」(音圧戦争)って?
パート4 - 無謀にもハードウェアから
パート5 - いよいよソフトウェア
パート6 - 海苔波形を目指す
パート7 - 結局はミックスなの?
パート8 - ミックスで変化したこと(リファレンスCDの活用)
パート9 - 視覚で音圧を測る?(ラウドネスメーター)
パート10 - 【スピーカーで確認】ヘッドホンとの違いは?

【Written by JUN】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。