So-net無料ブログ作成
検索選択

いよいよソフトウェア [音圧]

「Finalizer Express」を購入してしばらくいじっていたのですが、なかなか思うような結果にならない。次に購入したのは FMR AUDIO社の「RNC1773」というコンプです。またもハードウェア。

しかしこれでもうまくいかない。今考えれば当たり前なのですが、コンプに関する知識も何もなしでいじっているのですから、うまくいくわけがありません。

そんな折、Macを買い替えられるくらいの貯金が出来ました。現在のiMacの原型ともなっている、インテルベースのiMac Core 2 Duoというモデルを購入。いよいよMac上でシーケンサーではなくDAWが動く状態になりました。

PerformerをDPにグレードアップし、波形編集ソフトとして今はディスコンとなってしまったPeakを購入しました。

付属のプラグインで市販CDのような音圧になると期待していたものの、使い始めて1ヶ月もしないうちにその夢は打ち砕かれました。

会社の先輩からはWavesの購入を勧められましたが、当時の価格は今とは比べ物にならないほど高かったので、とても手が届きませんでした。確かGold Nativeで20万円以上していたと記憶しています。

しかも、DPが独自のプラグイン方式であるMASからAU(Audio Unit)もサポートするようになったものの、WavesはDPでのAUフォーマットをサポートせずに、完全にDPが取り残されていた状況でもありました。(当時は今ほど優れたプラグインメーカーがありませんでしたので、Wavesが使えないのはかなりのダメージだったようです。)

そして私が購入した最初のサードパーティー製プラグイン。それは「Ozone」でした。値段は2万5千円くらいでしたでしょうか。バージョンは3でした。

Ozoneのインストールディスクとマニュアル
iZotope社Ozone3

ちなみにこの段階でもまだMac上でミックスは行っておらず、音源から一発録りした2Mixにエフェクトをかけるというやり方でした。

Ozoneの効果はすばらしかったです。何しろ、ハードウェアではどうしてもできなかった海苔波形、正確には海苔波形になる前段階にすることができたのです。ブリックウォールリミッティングをしているので当然ですけど。

見た目上、Peakが0dbできれいに並んでいる。音もそうですが、見た目上でも(勝手に)効果を感じていました。

【一連の記事へのリンク】
パート1 - 頑なにMIDI
パート2 - 音圧との出会い?
パート3 - 「Loudness war」(音圧戦争)って?
パート4 - 無謀にもハードウェアから
☞ パート5 - いよいよソフトウェア ←本記事
パート6 - 海苔波形を目指す
パート7 - 結局はミックスなの?
パート8 - ミックスで変化したこと(リファレンスCDの活用)
パート9 - 視覚で音圧を測る?(ラウドネスメーター)
パート10 - 【スピーカーで確認】ヘッドホンとの違いは?

【Written by JUN】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。