So-net無料ブログ作成
検索選択

視覚で音圧を測る?(ラウドネスメーター) [音圧]

音圧上げをテーマとした記事のパート9です。

「Loudness War」(音圧戦争)が始まって数年、海外ではこの音圧戦争が悪影響を与えているとして、適正な音圧に戻そうという動きがありました。以下のサイトなどは有名です。
http://www.pleasurizemusic.com/

このサイトで配布されていた「TT DYNAMIC RANGE METER」というプラグインは、音圧の目安となるダイナミックレンジ(DR)、ならびにRMSを計測する優れたものでした。

現在は配布されていませんが、「brainworx bx_meter」という後継プラグインが販売されています。(私も購入して使用しております。)

上述のサイトによると、

1983年:DR14
1991年:DR12
1998年:DR9
2003年:DR6
2008年:DR4

というように、どんどんとダイナミックレンジが縮まり、音圧が高くなっていると分析されています。

正確なことはわかりませんが、RMSの値はPeakを0dbとした範囲でのDR値をマイナス表記しているようです。例えばPeakが0db時にDR6であればRMS=-6、Peakが-6dbの時にDR9であればRMS=-15といった感じです。

ではいくつかの市販楽曲(J-POP)をこのプラグインで見てみましょう。
※原盤権者の許諾を得ていない為、無音ですがご了承ください。また楽曲名の公開も差し控えさせていただきます。

当然ジャンルによってかなりの差が出ますので、一応女性ボーカルのミドルテンポの楽曲という範囲で統一しています。

・1999年発売のJ-POPSは、サビでRMSが-10~-9程度。
・2001年発売のJ-POPSは、サビでRMSが-7~-6程度。
・2003年発売のJ-POPSは、サビでRMSが-6~-5程度。
・2006年発売のJ-POPSは、サビでRMSが-6~-5程度。
・2008年発売のJ-POPSは、サビでRMSが-6~-4程度。
・2012年発売のJ-POPSは、サビでRMSが-4程度。ただしAメロなどでもRMSが-7より下がることはありません。

こんな感じで、海外で始まったとされる音圧戦争ですが、日本でも2001年時点でDR6くらいの音圧にはなっているのですね。そして近年でも音圧の高い楽曲が多いようです。

上述のとおりジャンルによって大きく異なりますが、この現状を考えると、書籍等に書かれている、「楽曲の中の音が一番大きな場所でRMSが-8になるように調整」では、音圧が低いと言わざるを得ないのかもしれません。

ということで、私個人としては、楽曲で盛り上がる箇所のRMSが安定して-7~-5を推移するように調整できたとき、うまく音圧上げができたと捉えるようにしています。(当然、意識的に音圧を上げている市販音源には全然敵いません。)

【一連の記事へのリンク】
パート1 - 頑なにMIDI
パート2 - 音圧との出会い?
パート3 - 「Loudness war」(音圧戦争)って?
パート4 - 無謀にもハードウェアから
パート5 - いよいよソフトウェア
パート6 - 海苔波形を目指す
パート7 - 結局はミックスなの?
パート8 - ミックスで変化したこと(リファレンスCDの活用)
☞ パート9 - 視覚で音圧を測る?(ラウドネスメーター) ←本記事
パート10 - 【スピーカーで確認】ヘッドホンとの違いは?

【Written by JUN】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。